節税することができる|マンション管理会社を選ぶ時は実績を確認する|ランキングで情報確認
婦人

マンション管理会社を選ぶ時は実績を確認する|ランキングで情報確認

節税することができる

つみき

マンション経営をすることで得られる点といえば、まず何よりも長期的な収入を確保できることが挙げられます。もともと不動産は景気の影響を受けにくいので、健全な経営を心がければ、入居者が途絶えることなく毎月安定した家賃収入を得られます。高齢者の多くがマンション経営に乗り出しているのも、こうしたことが理由です。私的年金としてマンション経営を利用しているのです。また、私的年金としてだけでなく生命保険の代用にもなります。マンション経営をするためにローン契約で団体信用生命保険に加入することになりますが、これは住宅ローンの契約者に万が一のことがあったときに住宅ローンが保険会社から支払われることになっています。そのため、遺族はローンのないマンションを手にすることになります。

マンション経営は初期投資額が少なくてもローンを活用してすぐに始められますし、始めた後は節税対策にもなってくれます。つまり、マンション経営のように賃貸住宅のオーナーになると、駐車場などの非住宅用地を所有するときにかかる税金が少ないのです。たとえば、固定資産税であれば駐車場に比べて6分の1になりますし、都市計画税も3分の1になります。節税対策になるのです。ただし、マンション経営にも他の金融商品のようにリスクはあります。入居者がいない場合は家賃収入はありません。建物が劣化したときには入居者の確保が難しくなりますので、修繕費を支払ったり家賃を下げたりすることで対策をする必要があります。